2007年05月26日

イタリア村でディナービュッフェ(バイキング)

20070526_名古屋水族館の鯱
名古屋港水族館の年間パスポートが切れるので、
その前に行ってきました。

いるかとしゃちの水槽の前は、
座ってのんびり見れる広いスペースがあって、
水槽の青い光に包まれて幻想的な雰囲気。
ガラスにべたっとひっついて水槽の中を覗いていると、
自分も水槽の中にいるような気分になれます。

20070526_名古屋水族館の海亀の足跡
海亀のプールの砂浜に、足(?)跡が・・・。

20070526_イタリア村
イタリア村は、
入場料がわりにチケットを買わないといけない時期がありましたが、
今では入場無料です。

20070526_イタリア村の足湯
足湯。娘と2人で結構長い時間入っていました。

夕食は、前から行ってみたかった、CORSALE(コルサーレ)へ。
イタリアンのオーダーバイキング+ビュッフェのお店。
娘は3歳なので無料。

鶏肉料理が多くて、鶏肉好きの私としては、なかなか良かった。
娘は、ポテトと貝料理以外は、興味が無かった様子。

===
CORSALEコルサーレ
(イタリア村ピッコラヴェネチア3F)
ランチバイキング
大人1,800円・小人1,000円(税込) 11:00〜16:00(60分)
ディナーバイキング
大人2,800円・小人1,500円(税込) 17:00〜23:00(90分)
  ※いずれも4歳未満無料。小学生以下は小人料金。
TEL (052)-659-1700

2007年05月05日

安曇野(ちひろ美術館と大王わさび農場)

20070505_乗鞍の宿の近所でお散歩
朝、宿泊した乗鞍高原の宿の近くを散歩。
山の中の散歩は何も無くても気持ちいい。

宿を出て、安曇野のいわさきちひろ美術館へ。
広い公園内には水遊びできる池があり、
子供たちはおもむろに服を脱ぎだし全裸で水遊びに夢中になっていました。
そして、他の観光客の人達から、
「見てみてあの子達、裸で遊んでる〜」の声が・・・(^_^;)

20070505_安曇野大王わさび農場
安曇野大王わさび農場。
昔は長野方面にスキーに行くことが多く
割と何度も行ったことのある場所だったのですが、
雪の季節は寒いのでわさび園もチラッと見て、
食堂と売店をまわるだけだった場所。

今回は、暖かな(というより少し暑い)季節ということもあり、
ゆっくりとわさび園のまわりを歩くのは、
八重桜(?)なんかも咲いていてとても気持ちのいい散歩コースでした。

===
安曇野ちひろ美術館
長野県北安曇郡松川村西原
TEL:0261-62-0777(テレホンガイド)

大王わさび農場
〒399-8303 長野県安曇野市穂高1692 
本店 TEL:0263-82-8112

2007年05月04日

飛騨高山の古い町並みで人力車

2月にも高山に行ってきたのですが、
今回は保育所の仲間と一緒に大勢での旅となりました。

20070504_郡上本染の鯉のぼり
途中、東海北陸自動車道ひるがのSAにて。郡上本染の鯉のぼり。
華やかな色が青空にマッチして素敵でした。

20070504_高山の古い町並で人力車
せっかくの高山なので、
子供達の思い出に残るように人力車に乗ってみました。
と言っても私の娘は人力車のお兄さんが怖かったらしく、断固拒否。

結局、小さい方の人力車に大人2人と子供2人、
大きい方の人力車に大人1人と子供4人で、
残りの大人と子供は、日陰で冷凍みかんを食べながら、しばし休息。

小さい方の人力車をひいてくれたのは女性でした。
人力車そのものの重量+乗せている人達の体重で、
かなりの重さになると思うのですが、
聞いてみると、てこの原理で想像するよりは重くないそう。

古い町並みをまわりながら、
いろいろと説明(間口の狭い家が多い理由、
酒屋の玄関の上に吊るしてある飾りの意味など)をしてもらえて、
なかなか興味深かったです。

20070504_じねんのむら茶茶のおもちゃ
高山の古い町並みを観光した後は、遅めの昼食へ。
じねんのむら茶茶で自然薯料理を食べました。
(湯の山温泉に旅行に行ったときにも茶茶で食べておいしかったので)

入り口のところに、木のおもちゃがたくさん置いてあり、
これだけで30分以上は遊べる子供たちでした。

===
飛騨高山観光人力車 ごくらく舎
住所 〒506-0854 岐阜県高山市若達町1-31
TEL 0577-32-1430


とろろめし自然薯料理 茶茶 飛騨高山
住所 岐阜県高山市丹生川町坊方1064-1
TEL 0577-78-2066
営業時間 9:00 〜20:00
ラストオーダー5〜9月20:00、10〜4月19:00
休日 なし